スポンサーリンク

「年金生活」という言葉には何か楽しげな、豊かで、のんびりとしてイメージがある。しかし、実態はどうであろうか。

先般、知人のブログを見つけた。定年退職して、昨年から年金生活者になったようだ。ブログの中で、年金生活の厳しさについて愚痴をたらたら語っている。

この知人は私と同年配である。同じようなタイミングで年金生活者になったのである。知人の場合は奥様も働いていられて、今、二人で年金をもらっている。それであるから、そんなに生活が困窮しているようには見えない。

ブログを読むと、外車の修理費がかさんだとか、所有する山林の経営を専門家にまかせたいとか、関東にあるマンションを売却したとか、私から言えば、一段上の話をされている。

ただ、現役時代よりは、収入が下がったのは事実のようで、そのことを嘆いている。そりゃ、現役時代と比べれば金銭的にはかなり下がってしまう。

この知人に連絡して、「久しぶりだね」と挨拶したい気がする。そして、年金生活を乗り切る知恵を互いに出し合いたい気もする。しかし、何だか、気恥ずかしい気もする。

豊かな年金生活。人生の苦労が報われて、のんびりと趣味とボランティア活動に励む日々。これはどうも幻のようである。毎年、膨大な数の人が年金生活者になる。一言で言うと収入が4分の1ぐらいに減った生活をするわけである。これらの方々が年金生活の幻滅を味わうことになる。

別の知人の方は、住宅ローンが残っていて、それがあと数年だと言っておられた。それで必死になってアルバイトや嘱託の仕事を探していた。各地に履歴書を送り、人々に頭を下げまくって、「仕事を下さい」とお願いをしまくっていた。

その方は現役の頃は、理想が高くて、超越している点もあった。そんな方が、必死で職探しをしている姿を見るのは意外である。

要は、年金生活者になって過去の栄光にとらわれて威張っていても仕方がないということだ。少しのコネでもいいから、人々にお願いしまくる。「どんな仕事でもいいから、下さい」と頭を下げまくる。

とにかく、病気さえしなければ、少ない年金でも何とか生きていける。今の自分にできることは、健康管理をきちんとすることである。

KasunChamara / Pixabay
スポンサーリンク