スポンサーリンク


自分のブログを振り返る。雑感を書くことが多いのだが、その中でも天地真理に関した記事がよく読まれている。過去三ヶ月のアクセス数の一覧表を見てみるとそのことがよく分かる。

過去にアクセスの多かった一覧表

アクセス数の多い記事の半分以上が天地真理に関連する内容だ。「天地真理」という語で検索すると私のブログにヒットすることが多いようだ。その他、「年金」「病気」「老後破産」「断捨離」などのキーワードでも、このブログはよくヒットするようだ。

そんなこともあるので、天地真理の人生について、自分なりに考えをまとめてみたい。「余計なお世話だ、まず自分の頭の上のハエを追え」と叱られることは承知の上で若干所感を述べてみる。

(1)天地真理は離婚しない方がよかったのでは、と思う。若い時に配偶者に関して気に入らないこと、許せないことがあったとしても、しがみついていた方がよかったと思う。「喧嘩友達」という言葉があるが、喧嘩友達でも、いないよりはいた方がよかったのではないか。さらには、年を取ると気むずかしい配偶者でも性格は丸くなる。概して穏やかになるものだ。老後、春のぽかぽかする軒先でお茶でも飲みながら、老夫婦が昔話をするのもいいではないか。

(2)健康が許せるならば、老人ホームは出た方がいいだろう。女性の60代はまだ若い。老人ホームで弁当を中心に食べて、楽隠居という気持ちになるのはよくない。アパートを借りて、自炊した方が生活に張りが出ると思う。食事は何にするか、献立を考えるだけでも若返るのではないか。年金はいくらぐらいもらっているのか。国民年金だけか。プラスどれくらいあるのか、生活費やアパート代との関連で決まってくることだが。

(3)天地真理の知名度があれば、まだ稼げると思う。面倒くさいという気持ちもあるだろうが、その知名度を生かして一稼ぎを考えたらどうだろうか。ただ、サポート役の人が必要だ。参謀が必要だ。娘さんはその仕事をしてくれるだろうし、あるいは芸能事務所に応援を頼んで、何かをするのもいいのではと思う。

(4)歌は歌えるのかな。ある程度年齢が行くと、声帯が弱くなり、かすれた声しか出なくなる。プロの人はボイストレーニングをして、声帯の状態を若いままにしておくこともできるだろう。天地真理がある程度は歌えるならば、ディナーショーを少しずつ始めることだ、往年の魅力が再び出てくるのではと思う。


などと、勝手なことを書いてみた。自分は天地真理と同年代である。「まだまだ引退には早いよ」と自分自身に言い聞かせる言葉でもある。60代の自分にとっては、「年金」「健康」「老後破産」「断捨離」「節約生活」などは敏感に反応してしまうキーワードである。まあ、天地真理のことを書きながら、実は自分自身に対して語っているのでもある。