家内と一万円の減額のことで喧嘩をした。
スポンサーリンク


このところ貯金が尽きてきて財政状況が苦しくなってきている。今まで家内に食費として22万円を渡してきたが、この金額を減らしたいと思い家内と交渉をしている。とにかく、この22万円は多すぎると思う。私がまだ現役で働いていた頃は収入もある程度あったし、子供が学生で何かとお金がかかっていたので、子供関係の雑費や小遣いをも含めて22万円を家内に渡すのは当然のことであった。

しかし、今は私は嘱託として働いているので給料が激減した。子供達は独立してお金はかからなくなった。我ら老夫婦が食べる量はかなり減った。それで、まず2万ほど減らしたいと思いお願いをした。しかし、家内は非常に怒って大声を出す。家内はこれまでの食費代を自分の固定した収入として認識しているようだ。

私は食費以外の全てを年金の収入で負担している。家賃、NHK、電気、水道、税金、スマホ、車のローンの返済などである。これで数万円の赤字が出る。これまでは貯金から取り崩してきたが、それも尽きてきた。前月は一万だけ強引に減らした。

これで家内はかなり憤慨している。本当は家計は全て家内に任せればよかったのだが、これまでの習慣で全体は私が仕切り、家内は子供関係と食費を取り扱うのだ。我が家の全体の金額の流れが分かっていない、そのように家計分担を決めてしまったから仕方がないとも言える。

いろいろなブログを読んでいると、全てを月20万円以内でまかなう人も多い。それは家賃や通信費、ガス水道代をも含めての金額だ。それで、先月は21万円にした。

今月はさらに引いて20万円にしたいとのだが、また大喧嘩をするかと思うと気が重くなる。とにかく、しばらくは21万円にしておきたいと思う。

自分ができる節約法をも考えるべきだ。先日、スマホを格安スマホに変えた。スマホに関しては、今までのところは何も問題ない。NHKが先日引き落とされた。これはいまいましい。NHKなど全然見たことはないのだ。昔はニュースなどは見たが、今はネットの情報で十分だ。何とかNHKを上手に解約したい。自分の昼飯代を減らす。もう一日2食でもいいかと思う。歳をとってきてから食も細くなってきた。

何か副業をして月に数万ほど稼ぎたいが無理だろうか。とにかく、現状は貯金がゼロ、ローンがある。このローンを返して、貯金をある程度増やしたい。自分の葬儀代ぐらいまでは貯金を増やしたいという気持ちだ。