スポンサーリンク

⚪️
自分の銀行口座を見ていたら、4月26日に12,730円がNHKの受信料として引き落としされていた。半年後の10月26日にも同額が引き落としされるだろう。

我が家では、NHKの番組を見ることはほとんどない。子供達はスマホでYouTube を見ることが多い。テレビを見ることがあるとしても、民放のお笑い番組が主である。家内はケーブルTVを主に見ている。私はテレビ自体を見ることは少ない。ニュースは主としてネットから入手している。

3dman_eu / Pixabay

たしかに昔は自分はNHKをよく見ていた。朝や夕方のニュースや大河ドラマや紅白歌合戦などは好んで見ていた。しかし、今は全く見ない。これはネットの普及の影響で、もっと面白いものを見つけたのだ。

NHKのような公共報道機関が必要なことは認める。しかし、個人的には、ほとんど見ていないものに月2千円も払うのは納得できない。本当は月千円なのだが、衛星放送の受信料として月二千円を払っている。

このテレビは地デジ対応の薄型テレビなので、その気になれば衛星放送も見れるという理由で、その代金も払うようになっている。

現役で働いている時は月2千円ぐらいは何でもないと感じて払っていたが、定年退職して、わずかな年金と嘱託の給料で生活をするようになると、できるものは全て節約したい。

NHKはWowwowのように特別契約して、見たい人だけが見れるようなシステムが一番合理的なのだと思う。それでは、NHKの財政的な基盤が成り立たなくなるかもしれないので、ある程度は税金からの補助があってもいいだろう。

とにかく、見ないものにお金を払うのは納得がいかない。同僚の方に聞くと払わないという人もいれば、しぶしぶ払っているという人もいる。自分はどうしたらいいのか。

とにかく、先月引越しをしたので、使っていた地方銀行の口座は解約する。NHKが何か言ってきたら、少なくとも銀行口座からの自動引き落としはやめて、毎月納付するような形にしようと思う。

スポンサーリンク