ディスカウント店は安い。
スポンサーリンク


ディスカウント店は品物が安い。これは当たり前だが、今日つくづくと痛感した。職場での昼飯は、おにぎり一個とパン一個とミネラルウオーター一本を購入している。職場には購買部もあるが、品数が少ないので、普通はコンビニで購入する。だいたい、おにぎり一個が120円、パン一個(サンドイッチが多い)は250円ぐらい。そして、ミネラルウオーターは100円だ。消費税を入れて、全部で500円弱というのが私の普通の昼飯代だ。

ただ、スーパーで購入すると、ミネラルウオーターが少々安い。また、パンやサンドイッチの選択の幅が広がる。それゆえに、470円ぐらいだ。ただ、オープンするのが9時半なので、職場に行くときは間に合わない。どうしても、コンビニで購入してしまう。

ところで、今日は日曜日で、用事があり、職場に行った。途中のディスカウント店は10時開店なので、今までは立ち寄れなかったが、今日は立ち寄ることができた。税込みで、ミネラルウオーターは78円だ。(コンビニでは、税込みで108円なので、7割ほどの値段で購入できる)そして、スナックサンドイッチが99円だ。鮭のおにぎりが79円だ。合計で、256円である。味の方は、まだ食べていないのだが、コンビニで購入したものと同じような美味しさであることを願っている。

値段だが、コンビニ>スーパー>ディスカウント店 となる。当たり前だが、これまで、そのことをあまり意識していなかった。

ただ、このディスカウント店は朝10時開店である。私が10時前に立ち寄れるのは稀である。それで、ミネラルウオーターだけを箱買いしようかと考えている。私にとって、ミネラルウオーターは必須のアイテムである。昼飯の後、歯を磨くのだ。職場の水道水は濁った色で気持ちが悪い。のどを潤したり、歯を磨いたりするので、毎日一本は必要だ。でも、ミネラルウオーターは保存がきくので、箱買いをして職場においておくと、かなり節約になるかと思う。

なお、ヨーロッパでは、ペットボトルの使用を控えようという運動が広まっているそうだ。人はマイボトルを持ち歩き、店で水を入れる。なるほど。将来は日本もそうなるかもしれない。


補足 2020-01-26 

食べてからの感想を述べる。おにぎりの味はよくない。海苔がパサパサしておいしくない。紙を食べているようだ。また、おにがりの塩分が強すぎる。ちょっと気持ち悪くなる程度だ。塩分を強めて長持ちしようとしているのだろうが、これはよくない。おにぎり購入はスーパーかコンビニがいいかな。

OpenClipart-Vectors / Pixabay