スポンサーリンク


自分の一番の関心事は何か?と自問したら、やはり年金のことだろう。今の自分は4種類の年金をもらっている。国民年金、公立共済年金、私学共済年金、企業年金である。いくつか転職を繰り返したので、それぞれのもらう金額は少ない。でも、合算すると月で20万円以上にはなる。

でも必ず支出しなければならない金額がある。介護保険料、家内の国民年金保険料、固定資産税、ガス、水道、電気、NHK、自動車税である。これらは月ごとにならすと5~6万円ぐらいか。NHKはしばらくは支払いを拒んでいたが、ついに根負けして払うようになった。新聞はもう取らなくなった。また散髪はQBハウスという安い床屋を利用している。

幸いにして自宅のローンは終わっている。また数年前に外壁は塗り替えたので、しばらくは塗り替えの必要はない。でも家内に言わせると、台所などの水回りはリフォームしたいようだ。でも、それにあてる貯金はない。

Leroy_Skalstad / Pixabay

自分は、現在はまだ嘱託としてある私学で働いている。給料は少ないが、それでも毎月一定のお金が入るのは有り難い。次男がまだ大学生なので、毎月仕送りをしなければならないのが大変だ。授業料も払わなければならない。本音は次男にアルバイトで授業料ぐらい稼ぎ出せと言いたいが我慢している。自分の親が徹底的に節約して、自分を大学に行かせてくれたので、親への恩返しのつもりで、次男には経済的な心配はかけまいと考えている。

私学での嘱託だが、毎月共済の保険料が引かれる。これは健康保険と年金の支払いに充てられる。事務の人の説明だと、毎月の年金料を納めているので、退職後はその分が、自分のもらう共済年金に上載せられるそうだ。どれぐらい増加するのかが知りたい。自分があと数年は働けるとして、その後は毎月25万円ぐらいもらえるのかなと計算したりしている。

であるから、消費税のアップや配偶者控除や扶養控除の廃止などのニュースを見るとギクリとする。ある程度の年金は確保したい。しかし、それは高齢者社会が進むにつれて、政府はますます年金を締め上げようとしているようである。一般庶民はどのように立ち回ればいいのか。とにかく年金生活者も賢くならなければならない。

スポンサーリンク