スポンサーリンク


昨日のブログに書いたが、我が家は家内と二人で家計を分けている。家内は専業主婦である。育児関係と家族全員の食事代として毎月22万円を渡している。残りのお金は私が管理している。アパート代、電気代、車のローン、税金などは私の口座から支払っている。

収入は嘱託の仕事と年金だ。ボーナスをならすと毎月平均して、45万円の収入だ。ここから、税金関係を引く。ただし、健康保険などは嘱託の給料から前もって引かれている。

ブログランキングなどで、他の人の家計簿を見ている。匿名なので、ブログでは自分の家計簿を公開している人も多い。そんな人の家計簿を見ながら、自分がどのように真似できるか必死で見ている。

家内に22万円は渡しすぎだと思う。子供達は独立したので、同居していない。食事は老夫婦だけであまり食べない。昔と比べたら、そんなにお金は必要ないはずだ。しかし、家内に手渡す食費代を減らしたいと相談すると、大暴れする。狭いアパートで大声を出されて、みっともないので、このところ毎月22万円を渡している。どうも恐ろしくて、減額することができない。

金がないのでイライラすることが多くなった。自宅はあるが、遠地にあるので、ここでアパートを借りなければならない。一時期は自宅を売って頭金にして、この地に住宅を購入とも考えたが、この歳では住宅ローンは借りられないだろう。もしも借りられたとしても、長年ローンの返済で苦しめられてきたので、住宅ローンはもう経験したくない。使わない自宅が遠地にあって、固定資産税だけを毎年払っているのだ。

自分自身にはもうお金をかけることはない。服も十分にある。職場も同じ服を着ていくが、誰も他人の服など気にしない。切り詰めた生活をしている。そんなに困らない。財布には千円札を2、3枚だけ入れてない。しかし、そのお金を使うこともない。自分は大変なドケチと言うかミニマリストだと思う。しかし、家内はのんびりと好きなものを買った生活をしている。このあたり、夫婦が同じ金銭感覚を持たないとおかしなことになるのだが。

収入と支出の一覧表を眺めてはどうしたらいいのか愚考している。対策としてはいくつかあろう。(1)家内に渡す食費代を減らす。(2)スマホをSIMフリーにする。(3)NHKには絶対に払わない。しかし、NHKの集金人がうるさくきて、この前は根性負けで支払うようにしてしまった。口座引き落としにしてしまった。(4)職場での昼飯代を減らす。コンビニで弁当を買わない。スーパーで前日おにぎりを買っておく。

などと、ミニマリストの人たちのブログを見ては研究している。ただ、支出を減らすだけではなくて、収入を増やす工夫も必要だ。(1)アフィリエイトに本腰を入れてみる。(2)ポイント制を研究する。

などなどだ。自分はこの年になっても、お金の心配をしている。心配は健康だ。入院するような大きな病気にかかったら、一挙に老後破産へ一直線だ。

stevepb / Pixabay