スポンサーリンク


子供が小さい頃の夢を見た。子供たちが小学校の頃が一番楽しくて、よく一緒に遊んだものだった。

昨晩は3時半ごろに目が覚めて、居間に行ってしばらくiPadなどを見ていた。また、眠くなったので、寝床に着いた。2度寝の時はだいたい夢をみる。6時半ごろに起きたが、まだ夢を覚えているので、ここに書き留めたい。

夢の中では、自分は広い家に住んでいた。お客さんがたくさん来るというので、一階の広間を広くするために物を私の部屋に運び込む。部屋に洗濯物を干すもの、観葉植物が2葉ほど運び込まれて、私の部屋は極度に狭くなった。部屋の中は夢だが、妙に実感を伴ってまだ覚えている。壁に沿っていくつかの本棚があって、本がびっしりと詰まっている。小さな勉強机がある。窮屈だなと感じた。

外に出て、一階を見る。二人の息子が遊んでいる。色々と飛び回っている。お客さんたちも帰ったようで、子供たちだけが飛び回っている。家内はどこかに行ったようだ。一階はたくさんのお膳が並んでいる。その間を子供たちが飛び回っている。可愛いものだと思った。長男はもうじき中学生だ。最近は急速にしっかりしてきた。でも、まだまだ小学生だと思うこともある。まだ小さいが、これから急速に背が伸びるのかなと思った。

2階の自分の部屋の観葉植物をなんとか一階に下ろした。すると、部屋が広くなった。

そんなたわいも無い夢だった。子供たちも今では成人して働いている。でも、やはり可愛いものだと感じる。次男は転職してお金に困っているようだ。私の給料が入ったら、5万円ほど送金してみようかとも思っている。

 

 

スポンサーリンク