スポンサーリンク

2015-08-03

最近の若い人は知らないかもしれないが、昔、天地真理という歌手がいた。ヒットした曲としては、『若葉のささやき』『恋する夏の日』『空一杯のしあわせ』などがある。歌声はややハスキーで、女性歌手特有の甘えるような声は出さずに、きっぱりとした声で歌うのであった。

天地真理は清潔感、さわやかさ、楚々とした女性らしさが売り物であった。当時は大スターであり、私もレコードをたくさん購入した。私のお気に入りは、『恋人たちの港』という曲であった。

はじめてよ、ふたりして港へと来てみたの きらきらと船灯り 夢見ているみたいにきれい 白いあの船に乗り、どこか遠くの国へ 美しいことばかり なぜ私とあなたにあるの あれはギリシアの船と 指で教えるあなた

歌詞の一部分だけだが、歌詞の冒頭のこの部分はとても印象深い。船は「ギリシアの船」となっていて、ロマンティックな雰囲気をうみだしている。

7129618
レコード『恋人たちの港』のジャケットA面

当時二十歳ぐらいだった自分は、いつの日にか、天地真理のような素敵な女性と、この歌詞のようなロマンティックなデートをしたいなと憧れたものだった。そして、このレコードのジャケットの彼女の写真がとても美しい。 しかし、人生何が起こるかわからない。歌手として全盛期の時に彼女はとつぜん芸能界から姿を消してしまった。そして数年後にまた復帰したが、なかなか調子は出ずに、イメージ転換を図って裸の写真集を出したり、AV映画に出たりしたと聞く。

彼女なりに、生き方の模索をしていた時期だろうと思う。 この「天地真理」という名前が素晴らしい。漢文の読み下し文で、「天地(てんち)に真理(しんり)あり」となる。あるいは、「天は地なり、真は理なり」と読んでもいいのだろう。宇宙の理(ことわり)を全て表現し尽くしていると言っていいのか。この名前に自分は痺れてしまった。

天地真理は現在ファンクラブができたそうだ。入会してみたい。でも結構年会費が高い。年間で1万2千円である。自分の現状では生活にやっとであり、年会費を払うだけの余裕はない。無理かな。

でも彼女のOfficial Fan Clubを読むと、8月29日にスクリーンんコンサートがあるそうだ。つまり、実物ではなくて、彼女のコンサートの映画を見る集まりということのようだ。ふむふむ、夏休みだし、好奇心ゆえに行ってみようかな。参加者は私と同じいい歳をした、じいさんばかりなのだと思うが。