昨晩の弁当はまずかった。
スポンサーリンク

今は寒いので、布団の中で、タブレットを操作しながら、ブログに記事を投稿している。パソコンから投稿だと、パソコンを立ち上げるのが、面倒くさい。その点で、タブレットは即、立ち上がるので便利だ。

ところで、昨晩の弁当はまずかった。今、単身赴任で平日はこの安アパートで生活している。土日は家族のもとに戻る。もう完全引退の年齢だが、現在の自分には金銭的な余裕がないので、まだ嘱託のような仕事をしている。

さて、昨晩は自炊とも思ったが、寒いし何事も面倒くさくなり、スーパーで弁当を買った。ついでに久しぶりにアルコールを飲むことにした。黒霧島をワンカップ購入した。

お湯割りで飲む。あまり美味しくない。温度がぬるめだからか。弁当を肴にして箸をつける。不味い。冷たいし、サバも変な味だ。

将来のことを考える。自分には展望が開けない。何とか子供の学費をひねり出して、卒業させる。でも、そのあとは目標がなくなってしまう。

若い人ならば10年後や20年後にどうするかと夢を語れる。が、自分には無理だ。そうなると、できることと言ったら、一日一日を大事に味わうように生きて行くべきだろう。

せめて、食べ物は美味しいものを食べたい。しかし、昨晩の弁当は不味かった。面倒くさくても自炊、手をかけて食材もケチせずに高級材を購入して、楽しみもう。そんな気になった。

さて、そろそろ布団から出て出勤の用意をしなければならない。一日が始まる。