スポンサーリンク

自分は京都から引越しをして岐阜県に移動した。京都のアパートを借りていた時代は2年おきに更新料を2ヶ月分払う必要があった。これは京都だけの習慣のようだ。

これは苦痛であった。2ヶ月分となると結構なお金になる。時々忘れていて、来月は更新料を払う時期だと案内がくると慌てることがあった。

この制度を理不尽だと考える人がいたようだ。2004年に更新料を払うのを拒否した事件があり裁判となった。そしてこれは借主側の勝訴となった。

地裁は家主の請求を棄却
 5月18日、京都地裁は更新料の支払い拒否を認める判決を下し、家主側の請求を棄却した。水上敏裁判官は、「新に合意した上での契約更新でなければ更新料支払い約定は適用できない」とし、法定更新では更新料の支払いは適用されないとの判決を下した。http://www.toshin.gr.jp/manage/report/200407.html

しかし、これは例外的なケースであろう。こんなことをすれば大家さんとの間との人間関係が悪化して、住み続けるのは難しくなる。よほど神経の太い人以外は無理であろう。

2ヶ月分の更新料があると、見かけ上は家賃が安く見えるのである。6万円の家賃だとすると、2年ごとつまり24ヶ月ごとに12万円を払う。月割りで5千円が上乗せだ。つまり、実質の家賃は6.5万円なのだ。

そのために、引越しを考えている人は更新料の支払いの時期がくると、その前に引越しをしたほうがいいかなと考えるのだ。

PlumePloume / Pixabay

自宅がいいのか、アパート暮らしのいいのかはよく話題になる。自分としては地方都市に住んで自宅に住む。一軒家であり、自分の責任で手入れをする。これが理想だと思う。ただ、自分のように勤務先の関係で様々な所に移り住まなければならないとやはりアパートに住むことになる。アパートが手軽で住みやすいと考える人もいる。

アパート住まいだと、自治会の役員や月に一回の勤労奉仕や面倒な近所付き合いがなくていいなとは思う。草むしりや庭の木々の手入れも不要だ。

さて、自分は数年後は田舎の自宅に戻る予定だ。かなり自宅も荒れてしまったので、リフォームが必要なのだ。そのために、今から貯金を始めておきたい。