歯磨きに関する夢を見た。
スポンサーリンク


朝方、夢を見た。デパートのトイレの洗面台である男が歯を磨いていた。すると、デパートの責任者らしき男が現れて、「ここで歯を磨かないで下さい。デパートのトイレの洗面台で歯を磨くことは禁止されています」と大声で注意した。

言われた男は憤慨して、「どうしてですか」と聞き返すと、責任者は「もしも、一人でも認めると、みんながここで歯を磨き始めて、トイレが人で溢れて機能しなくなります」と返答していた。

自分はここで目が覚めたが、変な夢を見たな、と思った。今まで、デパートのトイレで歯を磨いている人を見かけてことはほとんど無い。

ただ、空港のトイレではよく見かける。バックパックの青年が歯を磨いたり、ヒゲを剃ったりしている光景にはよく出会う。

Prawny / Pixabay

自分は朝昼晩と1日に3回磨く。昔は昼飯時には、磨かなかったのだ。だが、10年ぐらい前から、昼飯の後でも、磨くようになった。仕事場に洗面台がついているので、そこで磨いている。

もう少し、ゆっくりと歯茎を傷めないように磨くべきだと歯医者から注意されている。でも、習慣で、やはり早めに強めに磨いてしまう。気をつけなくてはと毎回自分に言い聞かせているのだが。

自分の母親は50代の初めに総入れ歯になってしまった。自分は母親と遺伝的に似た歯を持っているのだが、歯磨きをきちんと励行してきたこと、歯医者に定期的に通っていることで、現在のこの年(60代半ば)でも、自分自身の歯である。

歯磨きが習慣になってしまい、どんなに疲れていても、歯磨きをしないと気持ちが悪い。でも、この習慣は良い習慣である。

さて、冒頭に述べた自分の朝方の夢の件だが、なんでこんな夢を見たのか。昨日、デパート(正確には大きなショッピングモール)に行ってきたので、デパートの夢を見たのだろう。でも、それと歯磨きは関係ないな。この二つがどうして、くっ付いて夢を見たのか?うーん、分からない。