スポンサーリンク


東京の気温はこんなに異なっていたのかと驚く。私は大学は東京の大学に通った。夏はたしかに暑いと思ったが、特にそれが苦しいと思ったことはなかった。今の東京の夏は格別のようだ。

私は今は岐阜市に住んでいる。一昨日、車の運転をしていた。道路脇の気温計を見ていたら、39度、38度とあって、しばらく行くと、40度と掲示されていた。道路表面の温度であり、日陰や草むらで仕事をする人の、体感温度はこれほど高くはないと思う。

地球温暖化は進んでいるのか。それは誤算範囲だという人もいる。やはり、気温の上昇は間違いないであろう。いつかこの上昇にストップをかける必要があるだろうが、まだまだ世界的には人口は増え続けているし、経済の発展はすべての人々の願いだ。

スポンサーリンク