最強カードを持っている若い女性たち
スポンサーリンク


先日、若い女性(20歳前後)と話をする機会があった。その女性は言うのは、「男性は何歳になっても若い女に惹かれる。20代の男性も、30代の男性も、40代の男性も、一番関心があるのは20代の女だ。すると、私は今最強カードを持っているのだ。でも、そのカードを使う場所がない。出会いの機会がない」であった。

その女性は20歳であるので、若さが満ちあふれている。自然の美しさがいっぱいだ。でも、確かに、この女性が30代、40代になったら、今と同じだけの魅力を維持することは難しいだろうと思った。

女性は20歳ぐらいには、周りの男性からチヤホヤされる。男たちは下心を持って近づいてくる。追い払うのに大変なくらいだ。でも、女性たちはその期間が比較的に短期間だということを知っているようだ。

少なくとも先日話をした女性はそのことをよく知っていた。そして外見だけの問題ではないことも。

当たり前だが、女性も歳をとると、賢くなり人生のことが分かってきて、男の言うことに素直にうなづくことは少なくなるのだ。

若い女性が好まれるのは、必ずしもその外見だけとは思わない。やはり素直でまだ世の中のことを知らないという点が女性の魅力になるのだ。男性からすると、簡単にコントロールできると考えるのだ。

男が会社の仕事から疲れはてて帰ってくる。とにかく、静かな安らぎが欲しくなる。何もしたくない。ただ、横になっていたい。話もあまりしたくない。不平不満は言われたくない。あるいは、家庭で酒を飲んで男が大言壮語を語っても、一応、「すごいわ、男のロマンね」などとお世辞を言ってくれる女性を好むのだ。そんな態度が自然と取れるのが最強カードを持っている年代の女性なのだ。

世の中のことが分かってくると、男の話などバカバカしてくて聞けない、という風になる。それだけ、世間のことが分かってくるからだ。

先日、話をしたその若い女性は、そのあたりも分かっているようだ。男と話をするときは、一応、相手を立てて、敬うふりをするそうだ。でも、若いうちは敬うふりができても、中年になるとバカバカしくて、敬うふりができなくなるのだ。それが問題となる。

我が家では、家内は私の馬鹿話をすぐに馬鹿にする。昔みたいに目を輝かして私の話を聞くことはない。