『ぶらり山谷』というブログを読んでみた。
スポンサーリンク


このところ、ブログランキングの日記のジャンルのブログを暇つぶしに読んでいる。職場の同僚ならば絶対に公表しないような収入や出費の内訳、貯金の総額などを公表している。自分自身の生計の参考にしている。

人のお金の収支を教えてもらうのも面白いが、別に切りつめてという努力はしないで、飄々と自然体で生きている人もいる。それらを読むのも面白い。貧乏日記というジャンルで一位の『ぶらり山谷』というブログを今朝は読んでみた。

何が面白いかというと山谷という自分が行ったことのない地域(聖域?)について報告してくれるからだ。ちょっど外国を旅行するような冒険だなと思う。管理人はユーモアのセンスもあり、長めのブログだが、飽きないで読むことができる。

山谷では、探偵社のポスターがよく貼られているという話は興味深い。山谷では訳あって逃げてきた人が多いのだろうが、そんな人を探すために、探偵社の尋ね人のポスターが貼られているそうだ。

山谷では、物が安い。中古品が多く売られている。食堂も値段が安い。楽しそうだな。管理人はネギが食べられないので、食堂ではネギ抜きをお願いしている。これは私とは逆だ。私はネギが好きだ。味噌汁、納豆やラーメンではネギをたっぷり入れる。ネギが苦手な人がいるという話を聞いてびっくりした。

南千住の駅が山谷に一番近いそうだが、今度東京にゆくことがあれば訪問してみたい。大阪の西成は何回か行ったことがある。特に、変わったことはない街のようだ。ホームレスが時々寝ているが、それを除けば普通の街だ。でも、生活をすれば違う印象を受けるのかな。

Pexels / Pixabay