スポンサーリンク

東谷義和氏がYouTubeを通して芸能人などの暴露をしている。その暴露の最初の犠牲者は城田優と綾野剛の漁師である。二人とも築き上げてきた評判に大きな傷をつくことになった。

大阪出身で東京にBarを経営してそこに出入りする芸能人と交流を結び、やがて交流の輪を広めて、その結果、芸能界の裏の話などを詳しく知ることになった。東谷義和は最近は金に困り、詐欺をはたらいたが、被害者に返金するためにこの暴露目的のYouTubeを立ち上げたという。

大阪出身のおもろいおっさんとして芸能人の間では頼られていた人物が突然豹変して、裏の世界のバラシを始めるという。そして仲のいい友達などの秘密も暴露する。みんな、この豹変ぶりに途方に暮れているというのが実情だろう。

この人はヤクザに命を狙われているという噂もあるが、たとえ生きながらえたとしても、今後は芸能界は誰もこの人を相手にしないだろう。墓場まで待っていくべき情報をさらけ出したのであるから、恨み骨髄の人も多かろう。

また、現代という情報化時代に、SNS(Youtube, Twitter など)を利用して、個人がこんなに大きな影響を与えることができるというのは驚きだ。ブラック企業の告訴などの例もあるが、やはり芸能界という華やかな世界の実情を暴いたという点がすごい。それも個人で行うのである。世間からは、ダークヒーローと言われている。

今までは週刊文春が政治家や芸能人の暴露をしていたが、それは組織の仕事であった。個人が、編集などでは何人かの手伝いがいるのだろうが、とにかく個人でこんなに暴れたのを見たことはない。

東谷義和だが、とにかく、新しい時代の先駆けである、バラ色か灰色かわからないが、これからの社会のあり方を暗示している。情報化社会の落し子である。

芸能界