スポンサーリンク

2015-12-13

今日はドライブをする。京都から名神高速で名古屋方面に向かった。日本はつくづく森の国だなと実感する。この数日は12月にもかかわらず暖かい。一昨日は外は20度であった。今日は19度であった。なんでこんなに暖かいのだ!?何かの天変地異の前兆か。

外を見ると、紅葉はまだ始まっていないのか。けっこう、青い葉が残っている。と言うか、紅葉だが、それも色が悪い。茶色に変色しているので、まるで枯れたような色だ。紅葉と黄葉の混在した色鮮やかな色彩にはまだなっていない。おそらく、温度が例年のように下がらないと、木々の葉も色鮮やかにならないようだ。

さて、自分は金曜日に先日の定期検診の数字を聞きに病院へ行った。お医者さんはいろいろな数字をみてアドバイスをする。r-GT(肝臓や胆道の障害を示す値)は、33である。一度、75以上行ったこともあったが、最近はお酒は平均して一缶だけ飲んでいるので、数字が落ち着いている。しかし、お医者さんはやはり時々は休肝日を設けるようにとのアドバイスだ。

中性脂肪は263である。血糖値も129である。高めだが、この数字がなかなか下がらない。夕飯時に食べる炭水化物の量を減らすべきなのだが、おいしい白米はお茶碗で2杯も食べてしまう。

血圧は測ってもらうと132/92だった。薬を定期的に飲んでいるのでこの数字だ。薬がない時代、江戸時代ぐらいに自分が生まれていれば、もう中風で半身不随になっていたかもしれない。現代医学の進歩に感謝する。

最近自分は頭がふらふらすることがある。その話をしたらお医者さんは怪訝な顔をした。頭のふらふらは低血圧の特徴だそうだ。頭に十分に血圧が回らないので、ふらふらするとの話。自分の血圧は高血圧気味なので、それは当たらないそうだ。とにかく、もう少し様子を見ようかという話になった。

数日前のそんなことを思い出しながらドライブする。まだドライブはできる。疲れやすくなったけれども何とか数時間はドライブできる。さて、自分の人生は冬の時代に入っていくのだが、身体を大切にして、これからの一日一日を大切して充実した人生を送りたいと考えている。

DSCN8957