天地真理の経歴というページを作成してみる。
スポンサーリンク

2016-03-09

私のブログだが、相変わらず天地真理に関する記事がよく読まれている。また「天地真理」という語で検索されて、私のブログにたどり着く人も多い。このことは天地真理に関心を寄せる人が数多くいて、いまだに天地真理に対する記事を読みたいと願っている人が日本に数多くいることを示している。訪問者の多くは私と同じく中高年の男性だと思うが。

そこで、「天地真理の経歴」というページ(年表)を作成してみることにした。ここに天地真理の人生における様々な出来事を記したいと思う。天地真理からは「余計なことをするな」と御叱りを受けそうだが、これも一人のファンの天地真理に対する敬意の表明だとしてお許し願いたい。

データは、今のところは、Wikipedia と双葉社から天地真理が出版した『スリムになるってステキなことネ』によっている。将来は、いろいろな本からもデータを取りたいと考えている。そして、出典はすぐ後ろに記しておく予定である。

そのページ(年表)を作成する方針だが以下のようなことを考えている。

(1)事項の並べ方は現代から過去へと並べていく。これは現在が最も重要であり、過去は現在という視点からのみ評価されるべきだと考えるからである。過去のつまらない事件であっても、現在の自分を作り上げているならば、それは当然大きく取り扱われるべきである。

(2)天地真理の経歴ということだけならば、本人が一番よく知っている。わざわざこのような年表を作る意味はない。自分が考えたのは、「天地真理が世の中にどのように受容されていったのかその歴史を語りたい」と考えたのである。もう少し詳しく述べると、自分の予測として、はじめは天地真理は大スターとして空高く舞い上がるが、次はなかなかうまくいかなくて失意の時期がある。そして最後は復活して世間の人々に広く受け入れられる時が必ず来る。つまり、彼女の一女性としての生き方(成功もしたが失敗もした、でも精いっぱい生きたという生き様)が共感を持って世間に受け入れられる時が来るだろう。その時へ至る流れを記しておきたいという考えである。

(3)データは、ネットを漁るとさまざまな風評や噂などが流れている。これらは使わずに、できるだけ、書籍や雑誌という形での資料に頼りたい。そして事象もあまり主観を交えずに、客観的な事実を淡々と語るという方針で行きたい。

以上のようなことを考えている。「天地真理の経歴」というページはこれから徐々に書き加えていく予定である。

『スリムになるってステキなことネ』p.17より
『スリムになるってステキなことネ』p.17より