スポンサーリンク

このブログであるが、人気ブログランキングというランキングに参加している。

自分のこのブログはその「60代日記」というジャンルに登録している。

順位はだいたい50位ぐらいである。つまり、低迷していると言っていいだろう。

それで、低迷脱却の参考までにと、上位にいる人たちのブログを読んでみた。

 

人気のあるブログの特徴として、以下のことが言えるようだ。

(1)文章は1行開けて書いてある。

(2)短文が多い。

(3)話題は身近なことが多い。自らの日常生活を語っている。

(4)写真や絵を豊富に取り扱っている。

 

なるほどと感じた。文章を1行開けて書いてあると、ブログを読むときは、がぜん読みやすくなる。

とりわけ、スマホで読んでみると、たしかに読みやすい。

 

最近はスマホでブログを読む人が増えてきた。

パソコンならば、少々ぎゅうぎゅう文章が詰まっていても、そんなに読みにくいことはない。

でも、時代はパソコンからスマホの時代へと変化している。

人々は電車の中、ソファに寝転がりながら、スマホでブログを読む時代なのだ。

 

私が小学生や中学生の時は、国語の先生から文章の書き方を教えてもらった。

段落を意識して、冒頭は一字下げて、段落の終わりに改行することを教わった。

長らく、そんな書き方をしていたが、ネットの時代では、書き方を変える方がよさそうだ。

 

一応、自分の書き方として決めたことは次のようなことである。

段落を示すには、3行開ける。

文が終わったら、次の文を続けて書かないで、いったん、改行する。

文は意識的に短い文にする。

句点(、)を入れるような複文は二つの単文に分ける。

 

写真や絵を入れると読者への好感度が増すと思う。

しかし、自分はあんまり写真や絵の多用は好まない。

この点は、文章中心の自分の方針を貫こう。

 

身近な点を語るのは読者に親しみが出ていいだろう。

自分のブログはしばしば所感を語り、かなり思弁的になる傾向がある。

しかし、これも自分の個性であり、この年齢では、変えることは無理だろうと思う。

 

しばらく、こんな風な文体、書き方を実験的に続けてみたい。

それで、訪問者数が伸びるようならば、この書き方にしてみたい。

訪問者数が伸びないようならば、以前の書き方に戻したい。

 

思いは千々に乱れて、どうしたら、読者数を増やすことができるか、迷うのだ。

Twitter などでブログの宣伝をすればいいという人もいるが、自分はTwitter の使い方はよく分からない。

Facebook も自分は利用していない。難しそうだ。

まあ、いざ、使い方を覚えれば、そんなに難しくはないと思うのだが。

しばらくは、ブログ中心で進んでいきたい。

photo credit: micagoto entdeckungsreise via photopin (license)
photo credit: micagoto entdeckungsreise via photopin (license)