スポンサーリンク


ネットを見ていると、小林麻央が亡くなったという情報が流れている。本当なのか?彼女の叔父さんに当たる人で弁護士の方(唐澤貴洋氏)がツイッターで次のように述べている。

私の姪の小林麻央、先ほど亡くなられたとの第一報。初めて出会ったよく泣く元気な赤ちゃんのときが昨日のよう。最期まで笑顔を絶やさなかったようで。ご冥福をお祈りいたします。

それから、旦那さんの海老蔵がブログで以下のように述べている。

人生で一番泣いた日です。
マスコミの方々も
お察しください。
改めてご報告させていただきますので、
近隣の方々のご迷惑になるので
ひとまずおかえりくださいませ、
宜しくお願い致します。
 
となると、考えられることは、あれしかないのではと思うのだが。。。。
 
自分のブログでも、「小林麻央のブログを読んでみる」というタイトルで6月9日に記事を書いている。そこでは、自分や家族のことについて、ガンへの恐怖を書いてある。
 
小林麻央はちょくちょくブログを更新していたように思う。でも、これは、本人ではなくて、家族の方が更新していたのか。でも、ブログの写真などは、まだまだ元気だったような感じだが。
川島なお美の時もマスコミでちょっと調子が悪いという程度の報道だった。でも、突然、彼女の逝去が報じられて、人々にガンの恐ろしさを感じさせたのである。
 
ただ、今の時点では、午前9時40分の時点では、まだマスコミは何も伝えていないので、これも私の憶測になるのかもしれない。いずれにしても、正式の発表までは何も言えないのだろうな。

(追記 2017-06-25)
この記事の冒頭で、弁護士の唐澤貴洋氏が小林麻央がなくなったことをツイートしたと書いた。ところが、これは「なりすまし」で第三者が唐澤氏の振りをして投稿したもので、唐澤氏は小林麻央とはまったく関係ないそうだ。

そもそも、唐澤氏は小林麻央とは4歳しか違わないので、「初めて出会ったよく泣く元気な赤ちゃんのときが昨日のよう」という文面はあり得ないそうだ。それから親戚でも何でもないそうだ。
 
いや、それならば、こんな手の込んだ悪質ないたずらをする人がいるものだと呆れる。我々もネットの情報にはこのようなフェイクニュースがあり得るのだと注意をする必要がある。