車のエンジンオイルを替える。
スポンサーリンク


車のエンジンオイルを替えた。以前から替えたいと思っていたが、なかなか暇が見つからなかった。今日は日曜日なので、時間があったので、ショップへ行って、エンジンオイルを交換した。

費用は、エンジンオイルは3,628円、フィルターも古くなったので交換する、これは1,474円だ。あと、会員証が切れているので更新手続きに540円で、合計が5,642円である。アマゾンでエンジンオイルを購入するともっと安いのだろうが、自分で交換するだけのスキルもないので、ここは業者にお願いする。

さて、交換が済んでから作業員の人と雑談をする。いくつか参考になった点があるので下に記す。

(1)最近の車は丈夫になり、結構長持ちする。(私の乗っている小型車はすでに13万キロ走っている。)お客さんの車は、うまくいけば16万キロ、あるいはきちんと整備して使えば20万キロぐらいは持つ、と作業員は言う。

(2)この車はバッテリーが弱くなっている。残りのバッテリー量は4割ほどしかない。今年の冬は乗り越えられるだろうが、でもできるだけ早く交換した方が良い。値段は7000円ぐらい、できたら9,000円ぐらいのバッテリーを推薦する。(エンジンオイルそのものは、ネットで調べると、自分の車種だと3,000~5,000円ぐらいだ。自分で交換すれば、かなり安くできそうだ。)

(3)冬はタイヤはスタッドレスタイヤに交換した方がよい。橋などは凍りついて滑りやすくなる。川から水蒸気が登りそれが凍りつくので危険だ。(でも、自分は冬はあまり運転しないつもりだ。できるだけ閉じこもっているつもりなのだ。)

(4)新車もいいが、4万キロぐらい走った中古車を買うのも良い。元の所有者がどうぜ売りに出すのだからとエンジンオイルなどの交換を怠り、中のエンジンは傷んでいるのではと心配だと自分が懸念を言うと、作業員は、デーラー経由の中古車は大丈夫だという。そのあたりはきちんと点検するとのことだ。

(5)作業員によれば、トヨタの車もいいがマツダの車もいいそうだ。今、その人はマツダの車を乗っていて大満足とのこと、車種は聞かなかったが。

Photoman / Pixabay

そんなような話をした。自分の車はあと2年足らずで車検だ。たぶん15万キロぐらい走るだろう。自分の年齢もあるので、もう車は諦めたいという気持ちもある。しかし、将来は、自分は田舎に住むのでやはり車は必要かなと思ったりする。もしも車を買うならば、お金を貯めなければ、しかし自分のような高齢者には、自動車ローンは可能なのか、この辺りも知りたいことだ。