シャッター付きガレージ を借りたらどうか。
スポンサーリンク


毎日新聞の今日のニュース(ヤフー経由:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000001-mai-soci )を見ていたら、大阪の富田林署から逃走した樋田淳也が逮捕されたという記事があった。自分が関心を持ったのは次の部分だ。

今春に出所。5月中旬、大阪府内のタトゥースタジオに自らウサギの絵柄を持参し、左ふくらはぎに入れ墨を彫った。同じ頃、松原市内のガレージを月7000円の賃料で契約。所有者には「車を置くねん」と話したが、中にはベッドや冷蔵庫などが置かれ、生活拠点にしていた様子だったという。

自分は時々は大都会に遊びに行きたいと思う。できれば長期滞在したいと思う。ガレージだけ借りると月に7,000円で大丈夫だということは自分にとって発見であった。

樋田淳也はベットやベットを持ち込んでいたということは、そのようなことが可能なのだ。グーグルで、「ガレージ」「賃貸」で検索すると「ガレージ付き家屋」を検索する。様々な語で検索を繰り返して、「シャッター付きガレージ」で検索すると、求める物件がかなりあった。

地方都市で月4,000円〜13,000円ぐらいだ。保証金が1ヶ月分ほど必要だ。東京だとこれが4~5万円ほどになる。これならば、安い賃貸物件を借りた方が節約になる。

ウイークリーマンションを借りると仮定する。文京区で月で90,000円だ。そのほかに契約料や清掃代、光熱費がかかる。

自分は定年退職したら1ヶ月ぐらい東京に住み着いて見たいと考えている。そして東京の有名な箇所を見て回りたいと考えている。ホテルに1ヶ月住み着いたら膨大なお金だ。でも、ビジネスホテルならば、一日6,000円ぐらいで、つまり月18万ぐらいで滞在できるところもありそうだ。

1ヶ月ほど東京探検をしたい。それが自分の一つの夢だ。本当は外国に数ヶ月滞在したいが、それはハードルが高そうだ。東京探検を夢見て、今日もネットサーフィンだ。