次男の自動車学校へのローン
スポンサーリンク


次男は今月から自動車学校に通うことになった。来年の3月で大学を卒業なので、卒業までに免許証を取得しておきたい。やはりこの時代、運転免許証を持っていないのは何かと不都合なようだ。

先日から電話でそのことに関して次男とやりとりをしている。要は「30万必要だから送ってくれ」と次男は言うのだが、私は「それだけの資力がないので、ローンを見つけてくれ」と伝えてあった。

次男は色々な自動車学校に問い合わせた。そしてローンが可能な自動車学校を見つけたのだ。ただ、私の名義でローンすると、私が実際にその自動車学校の窓口まで行って手続きをする必要がある。次男の名前で借りるならば、私は窓口まで行く必要はない。

まだ次男は学生であり、学生の身分でローンが可能なのが意外に思ったが、最近では学生でもローンが借り受けられるようだ。次男は28万円ローンを組むのだ。

頭金が1万円、残金は24回払いで、毎月の支払いは11,893円というローンを組んだ。合計では、295,432円を支払うのだ。利子の分は15,432円である。

それで次男は頭金の1万円がないと言う。仕送りをしているのだが、現時点では頭金がないそうだ。それで、昨日、次男宛の口座に振り込んだ。

次男は働くようになったら、自分がローン分を払うと言っている。そうなると、とにかく、来年の3月までは、私がこの金額を払うことになる。家計の負担は重たくなるな、と溜息をつく。

実は、まだ住民税を払っていない。昨日までに3期の「4万3千円を払え」という通知書を受け取っているのだ。しばらくしたら更に4期の「4万3千円を払え」という通知書が来るはずだ。

冬のボーナスをもらったら、住民税は払えるかもしれない。遅延金を加えて払うのだが、とにかく、しばらく待ってほしい。現状では、すでにアップアップの状態で、それに今度から11,893円の支払いの金額が増えるのだ。税金どころの話ではない。

Pexels / Pixabay