次男の自動車教習所へのお金
スポンサーリンク


次男は今大学4年生だ。もうじき卒業だ。長い就職活動の末、夏頃には就職先が内定した。そしたら内定先から、運転免許証を取るようにと、言われたのだ。

先日、次男から電話がかかってきて、運転免許証を取るので、費用として30万円を送ってくれと言う。うーん、我が家はこの30万円がないのだ。

次男には苦労させたくないと思い、次男は奨学金を受けることもなくて、ぜんぶ私が仕送りや授業料を負担している。おかげで、けっこう私の貯金も尽きてきて、今年の初めには、ある政府系の金融機関(日本政策金融公庫)から教育ローンとして50万円ほど借りた。

次男には「奨学金を受けろ」と言いたいところだが、卒業後の返済の負担を掛けさせたくない。

長男が大学生の時は私も現役で働いていて、金銭的にも余裕があったので長男の留学の時には金銭的な援助をした。次男からは「兄貴にばかり金を使った。兄弟は公平にしてくれ」と不平をいわれていた。

そんな事情もあり、自動車教習所の費用も私が負担かと思うが、ローンで支払おうと思う。次男にはローンが可能な自動車教習所を探せと言ってある。

今の時代は自動車が運転できないと話にならない。就職してからは忙しくて免許などとれないだろうな。今取るしかないのかと思う。

今、次男の教育ローンに加えて、自動車教習所のローン、来年は車の買い替えがある。金銭的には大ピンチだ。

これで夫婦のどちらかが大病したら大ピンチだ。来年の3月まで仕送りは続く。苦しい。