税金の督促状が来た。
スポンサーリンク


市役所からハガキが届いた。「督促状 市・県民税」と印字されている。自分は先月末までに市・県民税第3期として43,000円を収めるべきだったのだが、忘れていた。

忘れていたというか、自分で忘れたい、忘れたい、と思っていたことだ。無意識のうちに「払いたくない」という気持ちが態度に表れたのだと思う。

明日市役所に行って払う予定だが、延滞金が100円である。100円ほど加算される。月ごとに100円だとすると1年後に払うと1,200円の加算か。いま、金詰まりだ。4万3千円借りて、一年後に利子を1,200円を払うと考えれば、安いものだな。1年後に払うかなとも考えたりした。

でも、1,200円の利子でも払いたくない。明日とにかく払う予定だ。

ところで、NHKからも督促状が来た。半年分7,190円を払えという内容だ。NHKの料金は本当に払いたくない。自分はそもそもテレビは見ない。家内が時々見ているが、それもNHKではない。

そんな話を知人に話したことがあった。そしたら、その知人は息子さんがNHKで働いていると言ったので、ちょっと気まずくなった。でも、その知人は「よくそんな話を聞きますよ」とフォローしてくれたので何とか格好がついた。

NHKの代金は払わないと取り立て代行の人が何回も来てウルサイのでとにかく払うことにする。今度からクレジットカードで払うことにする。これならば、支払いを忘れることはないだろう。

固定資産税、市民税、介護保険税、NHK、国民年金税、健康保険税など恐ろしいほどある。この国は大変な国になってしまった。もう生きていくのは難しい。来年はまた消費税が上がる。