スポンサーリンク

さて、年末が近づいてきた。と、言っても、まだ2ヶ月もある。しかし、自分の気持ちとしてはもう年末だ。

家族でインフルエンザの予防接種をおこなった。さて、家族が今までに医療に使ったお金を合計すると10万以上になるかな。

確定申告をする時に、10万円以上ならば、医療費控除の対象になるのだ。

それで、今年から医者に行ったら領収書を必ず保管するようにしている。

生計を共にして同居している家族の医療費の合計が10万以上ならば控除の対象になるのだ。

「生計を共にする」の定義だが、大学などで下宿している子どもは該当するのか。

その医療費も控除されるのか調べてみたら、これは「」生計を共にしているという定義に当てはまるようだ。

あと知りたいことは、以下のことだ。

(1)予防接種の費用は含まれるのかどうか。

(2)糖尿病の検査の費用はどうか。

(3)海外に渡航する時に、義務づけられている予防接種の費用は含まれるのか。

(4)医者の処方箋なしで、薬局で購入した薬の費用は該当するのか。例えば目薬だ。

(5)息子たちのコンタクトレンズの費用はどうか。(駄目だろうな、これが認められたら、自分のメガネ代も含まれそうだ)


これらは一回税務署に行って確認したらいいのだろうと思う。こんな各地で老後倒産が生じそうな時代は、1,000円でも2,000円でも確保しておきたい。

話は変わるが、今日は寒かった。首の周りは涼しくて、もうじきマフラーが必要になると思われる。

こんな時でも、白人の男性は半袖で歩いていたりする。寒くないのか?彼らの文化か?

今日は初めて、部屋のエアコンを暖房にして部屋を温めた。もうじき、寒い冬がくる。

エアコンを入れるほど寒くない日のために、小さな電気ストーブを買おうか迷っている。

問題は、自分の懐まで寒いことだ。ボーナスで体が温まればいいのだが、スズメの涙程度ならば、寒さをますます感じてしまう。

144_02a