スポンサーリンク

2015-10-12

先日、老後破産に関する本を1冊、天地真理に関する本を2冊、合計3冊をアマゾンとヤフー経由で注文した。メールで発送したという連絡は来たが、今日の時点ではまだ受け取っていない。これらの本を読むと自分の考えが深まり天地真理の真の姿に迫れると思うのだが、今は本の到着待ちである。

ところで、「天地真理が老後破産した」という『週刊新潮』の記事に関心を持っている人は、自分自身の老後にも何か不安があり、天地真理の事例を知って自分はそのようにならないようにしたい、という動機があるのだと思う。

ここで、彼女の金銭状態を推察してみると、記事の主張とは異なりかなり余裕があるように思える。NHKの『老後破産』に関する本で紹介していた事例は、本当に崖っぷちに立った人たちばかりで、まさしく老後破産との言葉が当てはまる人たちばかりである。天地真理の境遇とは格段の違いがあるように思える。

天地真理に関しては、渡辺音楽出版との契約で生涯3か月に一回5万円が振り込まれる。すると、年間で20万円(月あたり1万6667円)である。娘さんがそれを預かり、週に3回ほど 2000円ずつ渡すという。差額は万一の時のために積み立てているのか。

またファンクラブの人の援助で、月14万円の高齢者用の住宅に住み、食費は別途に4万円ほどかかるそうである。家賃が14万というのはかなり贅沢な施設だと思う。私の母親が施設に入っていたが、個室が与えられ食費が込みで月9万ほどの経費であった。月14万の家賃のホームとはかなり贅沢だなという印象を受ける。

それから、週刊誌によれば、彼女は65歳から年金として月15万ほどもらえると記者に話したと言う。これは国民年金なのか。しかし、国民年金だと満額でも年78万ほど、月額で6.5万円である。であるから国民年金だけではなくて、さらに他の年金を加算してのことであろう。しかし、彼女はどこかで定期的に長期的に働いていたわけではないから、厚生年金とか共済年金を受け取るという可能性は考えられない。

それでは彼女は個人年金を掛けていたのではないか。ただ、彼女が長い間個人年金をかけるほどしっかり者だったという印象はない。あるいは、昔、金のあった時に一括で保険の掛け金を全額振り込んでいて将来65歳になった時にもらえるようにしたのかもしれない。それでも個人年金などは普通は10年間ほどの支給であり、終身支給を受ける人の数はあまり多くない。

いろいろ考えられるが、天地真理が個人年金をかけておくほどしっかり者だったという風には考えずらいのだ。ただ、彼女は国民年金はかけていたのだろう。つまり、彼女は将来2か月に一回、国民年金を13万ほどもらうということだが、彼女は毎月に15万もらうという風に思い込んでいるのではないか。この点で週刊新潮の記者は若い人でまだ国民年金などに関心がなくて、天地真理が言った通りにメモしたのではないか。

いずれにせよ、国民年金がもうじき満額もらえて、渡辺音楽出版からも定期的に支給されて、さらにファンクラブからの財政的な援助もある。また娘さんもしっかり者のようで、肉親からのサポートもある。『老後破産』の本に描かれた人々とはかなりの開きがある。そこで描かれた人々は国民年金だけ、頼る肉親もない事例ばかりだった。天地真理はまだまだ余裕はあると思う。

不安があるとすれば、天地真理のメンタルな面であろう。彼女の近影がネットに出回っている。かなりの近くからの写真であり、スッピンで白髪染めをしていない姿を写真に撮られている。彼女が老けて見える。ここに、彼女の油断を感じるのである。ファンとしては、写真を撮られる時はある程度は化粧して白髪染めをして写真を撮られてほしいと願うのであるが。

ファンの人たちの掲示板に次のような文章があった。週刊新潮の記者にインタビューされて自分の金銭的なことを正直に語り、ていよく老後破産のイメージを振られたことに対して憤慨している。

(Aさん)真理さんは、生まれながらに貴族的な資質をお持ちです。 マリーアントワネットのパンの逸話同様、浮世離れしたお話になるのはやむを得ません。 真理さんが、ご自分で知りうる範囲のみの懐事情でしょう。

(Bさん)まあ、わたしたちは、白雪姫を命がけで守る小人たちのように、真理さんを何があっても守るという姿勢が大切だと思います^^

天地真理のメンタルな面での弱さを心配しての声である。いまだにお金があると使ってしまうという浪費グセがあるという。良く言えば、乙女時代からの純粋な心を持っている。なにも計算しないで素直に生きている、と言えるだろう。ただ、ファンクラブの人たちは老後破産のイメージが突然彼女に振られたので戸惑っているのではないか。

などと、私は天地真理の財政状態を推測したりして、考えてみれば非常に失礼なことをしている。これは彼女が公人としての存在であり、それだけ注目度が高いので、まあ有名税としてご容赦願えればと思う。

061_04d