スポンサーリンク


先日、私の家にNTTから封書が届いた。「NTT電柱等土地使用料のお振込予定のお知らせ」という書面が入っていた。実家の庭の一角に電信柱が立っていて、その使用料を払ってくれるそうだ。その金額は1,080円だ。大したことはないが。

よく覚えていなが、電力会社からも若干の金額が振り込まれたかもしれない。あと、実家は北陸電力の志賀原子力発電所の近くでもある。それで時々、迷惑料みたいな金額が若干振り込まれることもある。

それらは金額が少額なので、記憶にあまり残らず、メモも取っていない。数年に一度だったかもしれない。でも、とにかく、ゼロよりはありがたい。

prettysleepy1 / Pixabay

高島忠夫が亡くなった。88歳だったそうだ。私の小学生の頃から活躍していたのだが、長い芸能生活には色々なことがあった。

スポンサーリンク

私が覚えているのは、何と言っても、夫妻の長男がお手伝いさんに殺された事件だ。それは大変痛ましいことだった。お手伝いさんは、長男が自分とあんまりに境遇が異なり恵まれているので、妬んで殺害したのだ。

この頃は、お手伝いさんという制度がまだ残っていた。今では、金持ちでもお手伝いさんを家の中に住まわせる余裕はなくなってきているだろう。週に何回か派遣という形で掃除や介護の仕事をするのだが、昔は人を丸々1人抱えておく余裕があった。

高島忠夫はうつ病を患ったそうだ。金も名誉も手に入れた男が何でうつ病かと思うが、やはり不足を感じて、到達する目標を常に持っていないと人間は崩れてしまうのだな、というのが私の感想だ。

私の当面の目標は老後の資金を貯めたい、そして、実家と自宅の補修をしたい。せめて、台所、トイレ、風呂場をきちんとしたい。そんな希望があるから、うつ病に取り憑かれる余裕はない。