スポンサーリンク


私は、ブログランキングと日本ブログ村のブログをよく読む。多いのは、60代シニア、貧乏、ひとりさま、借金などの範疇のブログだ。これらには書き手の本音が書かれていて面白い。貧乏で生活苦を訴える人の中には、自分のその月の収入と支出をはっきりと明記したあるものがある。それなどは、電気代はどれくらいか、ガス代はどれくらいか、水道代はどれくらいかなどが分かって自分の参考になる。

自分は定年退職して、今は年金と嘱託の給与で細々と暮らしている。ただ、子どもの教育ローンと車のローンが残っているので、それの支払いが苦しい。その意味では、この数年は固定費など削れるものはすべて削ってきた。スマホを格安スマホにしたし、今は誰も住んでいない実家の電気や水道はとめた。他人のブログを読みながら、節約で真似できることは、すべて真似しようとしている。

今は気がかりなのは、介護保険税を払っていないことだ。今は、資金不足だ。地方税などはこのまえ督促状が届いたので仕方なしに市役所で払った。今月の給料で介護保険税を払うことができればいいなと計算をしている。

自分は、まだ、幸いなことにサラ金には手を出していない。時々、資金的に万事休すかなと思って、サラ金にお願いしようかと思うこともある。しかし、ブログで、特にサラ金で苦しんでいる人の報告を読むと、ただ、せっかく借りても、高い金利を支払うだけで、何の解決にもならないと思う。そんな姿を見て、自分は何とか無理をして、サラ金やリボ払いなどは避けてきた。

老後破産という言葉があるが、私のような細々とやってきた人でも、家族の一人が病気になると万事休すになる。であるから、自分自身の健康状態もそうだし、家内の健康状態も、できるだけ病気にならないように考えている。自分ができることは、できるだけ歩くことと、お酒を飲まないことだ。それと食べる量を減らすことが必要だ。

あと、5年間ほどこの状態を保つことができれば、借金はすべて精算できるし、貯金もある程度はたまりそうだ。でも、その時は、自分の人生の残された時間はあまりなくなる。人生を楽しみたいと思っても残り時間はなくなる。現在は男性の平均寿命は81歳ぐらいと聞く。それ以降も健康で生きていければいいなと思うのだが。

これはどうしようもないことだ。できることは、日々を大切にして、無駄にしないことかな。一日一日を大事にしていきたいと思う。

Monoar / Pixabay