新型肺炎を防ぐには鼻毛を伸ばした方がよい。
スポンサーリンク


年齢とともに鼻毛が伸びるようになってきた。眉毛もそうだし、耳の毛もそうだ。若い頃は、毛がある程度伸びたら自然と落ちて、新しい毛が生えてくる。しかし、老年になったら、新しい毛が新しく生えてくることは少なくなり、従来ある毛がただ伸びるだけになってくる。

鼻毛はみっともないので意識して切っていた。そして、以前、ブログで鼻毛カッターを購入した話をした。

しかし、何事にもメリット・デメリットがあるものだ。今は新型肺炎が流行しつつあるが、これを防ぐには鼻毛が長い方が有利だそうだ。鼻を通してウイルスが入ってくるが、鼻毛が密集している方が、ウイルスの挿入を防ぐ。

髪の毛にも新型ウイルスが密着するそうだ。中国では、看護婦さんが頭を坊主にして髪にウイルスが付着するのを防いでいた。中国はとにかく徹底的に何でもするなと感心する。独裁国家として、人々の生活は窮屈そうだが、病気を防ぐ時には、思い切って強権を発動するもの有りかなと思う。

眼球にもウイルスが付着するそうだが、私は眼鏡をかけているのでそれは大丈夫かな。あと、手で目をこすったり、鼻くそをほじくったりもしない方がいいそうだ。

日本では、これから流行が始まり、大変なことになるのだろうと思う。私ができることは、人混みを避けること、外出したらうがいと手洗いを励行することだ。外出の時には、マスクをしたいと思っているが、マスクを買いに行ってもどこにも売っていない。これは困った。とにかく、外出は必要最小限度にとどめることだ。

Free-Photos / Pixabay