スポンサーリンク

2016-05-13

舛添要一が公費を使って贅沢をしまくっているという報道がされている。以前から、外遊が多くて、泊まるホテルが最上級であるという非難はされていた。

政治家はよい政治をすることが仕事であり、そのためには格の高いホテルに泊まることも理解できる。必要であったと強弁すれば外野が文句を言うことはできない。

また、政治資金規正法違反をも疑われている。高級天ぷら屋で5万円、イタリア料理20万円、回転寿司で5万円などが家族との食事であり、政治活動とは関係ないのに報告書に載せているという疑惑だ。

ただ、週刊文春の書き方には問題がある。「高級天ぷら屋で5万円」とあるが、一回で一人で食べたのかと思ったら、3回で家族で食べたのだ。4名家族で天ぷらを食べたらこんなぐらいの値段だろう。

イタリア料理も4回にわたって家族で食べるとこんなものか。とりわけ、超豪華なレストランで散財というわけではない。だが、文春はそのような印象を与えようと巧妙な書き方をしている。

また、これは政治献金を使ったのであり、都民の税金を使ったのではない。政治献金を明らかに私用に使ったのだが、報告書には政治活動で使ったように記載している点が問題だとされている。これらは政治活動だったと舛添知事がとぼければ、追い詰めるのは苦しいかもしれない。

問題は、どの政治家も政治献金は似たような使い方をしている点である。今は舛添に焦点が当たっているが、他の知事も似たり寄ったりだろう。市長や町長レベルまで調べると、さらに類似のことが起こるだろう。この点で誰も潔白でない点が問題なのだ。

sて、舛添知事の性格からすると、この人は一筋縄ではいかないしたたか者である。猪瀬前知事の時のように、簡単に首が取れるようには思えない。

ただ、今回は文春は舛添知事のスキャンダルを徹底的に追い込むという方針である。これから、さらに似たような記事をぶつけてくるだろう。もしも、それらに耐えて知事職を続ければ、舛添の精神力に感嘆することになる。

ただ、次の選挙で、2期目も都民から選ばれることはないであろうが。

062_01b