スポンサーリンク

天地真理について先日から語ってきている。「天地真理について(2)」では、彼女の第2期から第4期について語ってきた。

今日の記事では、彼女の第5期から現代までの状況を語りたいと思う。

第5期ならびに彼女のファンクラブの開設

2011年4月1日、「天地真理ファンクラブ」が新たに発足し、春夏秋冬年4回会報を発行ようになった。彼女が60歳ぐらいの時だ。現代は60歳ぐらいでも若くて活躍している人も多い。しかし、彼女は自分は引退すべきと考えてようだ。彼女は疲れ果ててしまったのか。彼女は芸能界での突出を避けるようになる。一つの静かな世界で、ファンとの静かな交流を楽しむようになった。

我々が天地真理の近況を知ることができるのは、このOFFICIAL WEBSITEを通してだけである。

ファンクラブ会員募集のの画像(画像のみでリンクはしていない)

公式サイトによれば、スクリーンコンサートがあって、彼女が来て、ファンの皆さんと交流することがある。それなりに静かな生活が始まったという印象を受けたのだ。だが、静かな生活は許されないようである。ここで思わぬ突発事件が発生してしまう。それは、週刊誌に彼女の生活の一部が書かれてしまったことだ。

『週刊新潮』の記事

『週刊新潮』が2015年10月1日号において、「誰でも危ない老後破産の共通項を検証する」に、「天地真理が激白!」という記事が発売されたのである。

この内容に対して、天地真理側の怒りは激しくて、OFFICIAL WEBSITE において「週刊新潮の記事について」という一文を掲載して抗議しているのである

私のこのブログも天地真理に関する記事をいくつか掲載していたら、そのことで訪問者が急に増えて驚いたのであった。

この週刊誌の記事では、二つのことが問題になっている。一つは、天地真理が老後破産に面しているという報道である。これは天地真理のアイドルとしての存在に大きなダメージとなる。さらに、彼女の近況の写真が掲載されていた。清楚なお嬢様というイメージからはほど遠い写真が掲載されてしまった。

この記事は大きなダメージとなった。そして、それに連動して多くのブログで彼女が否定的に言及されることが多くなった。

アイドルに対してファンはその存在に共鳴をして常に寄り添うのである。老後破産では、ファンも寄り添うことをためらってしまう。

第6期

第6期は、このイメージダウンをどのように克服していくのか。天地真理側は、リスク管理が甘かったという反省に経って、その回復に進んでいるのである。この事件は、2015年10月であるから、いまから3年ほど前のことである。人々の記憶から消えたということはない。それだけ、週刊誌の力が強いと言うことである。

もっとも、週刊誌上、あるいはマスコミでは次から次と新しい事件が起こっている。人の噂も七十五日と言われ、じょじょに「天地真理=老後破産」というイメージは消えていくだろう。

OFFICIAL WEBSITE では、彼女の最近の写真がよく掲載される。もちろん、写真も選ばれているのだろうが、それらの写真のイメージは、上品な貴婦人というイメージである。現在の新しいイメージ、「功成り名を成し遂げた一人の人物が静かに余生をおくっている」という姿は定着しつつあるのではないか。