スポンサーリンク


私の時間つぶしは日記ブログを読みあさることである。自分の境遇と似ている老後、貧乏、節約などをテーマにしたブログを読んでいる。ソファに寝転がってタブレットで読むのが最近の私の最大の楽しみである。

このところ、あるブログをよく読んでいる。お気に入りに登録しようと思っている。「介護離職からのおひとり様ローコスト生活」というブログである。60歳ぐらいの方だ。月6万円ほどの住宅ローンを払いながら、残りは6万円ほどで生活を立てている。この人のお金の使い方は参考になる。

多くの人の日記ブログが、ただ毎日の不満を述べるだけだが、この人は貧乏暮らしながら、日々の生活に感謝の念を抱いている。経歴もユニークだ。統一教会や幸福の科学にも所属したことがある。外国にも済んだことがあり、英語が堪能だ。現在は倉庫関係の仕事をしている。

スポンサーリンク

両親の介護のために離職している。介護に対して不満を述べるのではなくて、子供の義務として淡々と介護していたようだ。もちろん、大変だという気持ちは持っていたと思うが、それはその人のブログには書いていない。両親が他界した後も、お墓まいりは欠かさずに行い、両親に対しての愛情を抱いている。

株を持っていて、株主優待券を上手に利用しながら、節約生活を続けている。1日1食というのも驚きだ。でも、それでも何とか持ちこたえているので、1日に3食しなければならない、というのは人間の単なる思い込みかもしれない。

多くの他のブログが単に愚痴のはけ口となっているのに対して、この人のブログはスピリチュアルな面もあり、勉強になった。貧乏生活ながら肯定的に生きてゆこうという人生態度は参考になる。