スポンサーリンク

2015-11-12

自分の睡眠時間だが、このところかなり短くなった気がする。この数年は11時ごろに床に着く。すると2時半ごろに目が覚めてしまう。仕方がないので、居間の方に行き、ノートバソコンを開いて、面白そうなネットの記事はないか読んでみたり、時々は記事を書いて自分のブログに投稿したりする。

そして、1,2時間ほどノートパソコンに向かっているとまた眠くなる。そして多分1時間ほどだが睡眠をとる。この時の眠りは浅いのか夢を見ることが多い。面白そうな夢だとノートに記入することもある。夢の内容は起きた直後は覚えているが、すぐに忘れてしまう。面白そうな夢はすぐに付けておかないと消えてしまう。そんなことで、睡眠時間は合計で4時間半ほどか。

職場に行くと、時々はうつらうつらする。会議に出ると大抵はボッーとして半分は眠ったような状態だ。給料分の仕事はしていないのは確実だ。(給料日が来ると、いつも申し訳ないと思っている)

自分の睡眠時間が短いのは夕食で酒を飲み、それで寝るので眠りが深くなるのだと思っていた。眠りが深いので、あまり長い睡眠時間は必要ないと考えていた。この日曜日から火曜日までの3日間は夕食後も仕事があり、自分は酒を飲まなかった。酒を飲まないで床についたので、眠りが浅くなり、目覚めは6時ごろかと思っていたら、やはり2時半ごろに目がさめる。いつも通りだ。

ネットで調べると、自分のような60代の人間でも平均6時間ぐらいは睡眠時間を取っているようだ。年をとると睡眠時間が少なくなることは知っていたが、自分の場合は少なすぎる気がしていた。でも、特に病気をする訳ではなくて、ときどき昼間でもボーツとする以外は特に生活に支障はなかった。

若い頃みたいに7,8時間ぐらい眠れたらたしかに気持ち良く起きれだろう。しかし、今でも、そんなにすっきりと起きる訳ではないが、特に健康に問題がある訳ではない。でも本当はどうなっているのか。60代の理想の睡眠時間は何時間か、それは私のように細切れの睡眠でもいいのか。このあたり知ってみたいので、ネットで調べるか、あるいは講演会でもあれば聴きに行きたいと思っている。

Pexels / Pixabay