スポンサーリンク

2016-04-15

熊本で大きな地震があったと聞く。熊本は地震とは無縁の地というイメージをいだいていたが、地震が起こったのか。もう、日本ではどこでも地震が起こりうると考えていいだろう。

阪神大震災が起こった時は、自分は石川県にいた。朝の5時頃か結構揺れたのでびっくりした。能登半島のどこかが震源地かと思ったら、遠く離れた神戸が震源地で、しかもたくさんの犠牲者がでたので、再度驚いたのであった。

東日本大震災の時は、自分は京都にいた。何か揺れているなとは感じた。気のせいかなと思った。そしたら、あんな大惨事になったのだ。

地震国日本、これは悲しいながらの現実だ。それ以来、何かかすかな地震の揺れを感じても、どこか遠いところで大地震が発生しているのではないか、と心配になる。どこでも地震は起こりうる。

東海大地震は必ず来ると言われている。その時は富士山が噴火して、火山灰を撒き散らし、静岡のあたりは地震と噴火のダブルパンチで大惨事になるという予想を立てる人もいる。

この数年は、新幹線に乗って東京に行く時は、車窓から富士山のあの偉容を見るたびに、いつかは大噴火があるのだろう、でも、今はその瞬間でないようにと密かに祈ったりする。

現時点でニュースでは、15日の7時20分現在で、死者が9名という数字が出ている。これから明るくなり、災害の状況が明らかになると今まで入ってこなかった情報が届き、災害の程度は増えるのではないか。

いずれにせよ、亡くなられた方にはご冥福を祈り、被災地の人には一刻も早い復旧を願うのみである。

 

スポンサーリンク