さつま白波で軽く二日酔い
スポンサーリンク

近所にセブンイレブンがオープンするという。先日、道端でチラシをもらった。開店当日にこのチラシを持っていくとカリカリトリプルチーズを無料で頂けるとのこと、早速出かける。たしかにオープンしていて、5,6人の店員さんたちが店の前の台にたくさんの景品を置いて、買い物をしたら抽選できるようになっている。

自分は何も買い物をしないでカリカリトリプルチーズだけもらうというのも恥ずかしいので、店の中で買い物をする。そう、「さつま白波」一パックを購入した。すると抽選券ももらった。それで、店の前の抽選場に行ってガラガラを回す。白い玉が一つ出た。うまい棒を一個もらう。そして、チラシを渡して、カリカリトリブルチーズをもらう。

この新規開店したセブンイレブンの向かい側にローソンがある。また近くにファミリーマートが1年ほど前にオープンしている。日本中がコンビニで埋め尽くされてしまう。コンビニ同士の仁義なき戦い、恐ろしい。経営者はどのようなそろばん勘定か。本部だけが稼いで末端のお店は絞りつくされるのではないか。

ところで、夕食時に「さつま白波」をお湯割りで飲む。悪くはない。しかしちょっときつく感じる。翌朝、軽く二日酔いだ。木挽の時は何も問題がなかったのだが。調べるとさつま白波はアルコール度が25度である。木挽は20度である。自分は、お湯で半分に割ってカップ2杯を基準としているが、自分の年齢では、このわずかな違いでも体にこたえる。今度から、25度の焼酎はかなり薄めて飲むこと、これが昨日得た自分の教訓だ。

image