スポンサーリンク


今日は家内とデパートに行った。家内はカツラ売り場を見ていたら、店員さんが声をかけてきた。「試着してみませんか」である。家内はちょっと関心を持ったようで、試しに着けてみることにした。

家内は近頃、髪の毛が薄くなってきている。元々細い髪であったのだ、髪が減ると頭のてっぺんが薄くなって見える。それをこの頃は気にしていた。そこで、かぶってみるとかなり若く見える。

家内は髪が薄くて、前の方が白髪交じりだ。頻繁に白髪染めをしているが、実はそれが髪を傷めることになるそうだ。カツラをかぶると白髪染めの回数も減らせそうだ。

そんなことで、家内は幾つものカツラを試着してみた。たしかに若く見える。合成のカツラは4万8千円だ、人毛のカツラだと16万円ほどだ。人毛のカツラでも、人の毛は4割で、残りは人工の毛であるそうだ。

Alexas_Fotos / Pixabay

家内はいろいろと考えて、結局、安い人工の毛のカツラを購入することにした。安いカツラでしばらく着用の練習をする。そして、数年後にもう少し高価なカツラを買う予定だという。

家内はカツラの手入れの仕方を店員からいろいろと教えてもらった。説明によると、10回ほど着用したら、シャンプーに浸けて洗うといいそうだ。もちろん、カツラ用の特別のシャンプーである。夏の暑い日は汗がつくので、7回ほど着用したら洗った方がいいそうだ。

私も一緒になって、店員さんの説明を聞いたので、こんな風に記録に残すのである。家内は若く見えるようになったので、喜んでいる。たしかにカツラをつけると家内は少なくとも5歳は若く見える。

髪が豊富だと若くみえることが分かった。男も同じであろう。髪が薄さで人は年齢を判断する。私は年相応に見えればいいので、カツラは諦めることにする。