マクドナルドで昼飯を食べる。楽天カード
スポンサーリンク


昨日は、楽天ポイントカードに付いて語った。いままでよく訪れていたサークルKでは、楽天ポイントカードが使えなくなることを残念に思う趣旨のことを書いた。ただ、くら寿司とマクドナルドでは新たに使えるようになったとのことで、そのことは嬉しいとも書いた。

今日の昼休みはマクドナルドで食べることにした。目的はポイントカードが本当に使えるかどうか確かめることだ。近所のマクドナルドの店に行く。店員に恐る恐る楽天ポイントカードを見せて「これ使えますか?」と聞く。すると店員は「はい使えます」との返事だ。「ポイントで支払いたいのですが」と言うと、「はい分かりました」と返ってきた。

さて、次は注文品を決めなくてはいけない。自分はポイントカードが使えるかどうかに関心が行っていて、何を注文するか全然決めていなかった。やや、狼狽して、「早く決めなくては、後ろのお客さんに申し訳ない」と考える。

あわててバリューセットなるものを注文する。やや、口ごもりながら、エッグマックマフィンセット、サラダ(+50円)、コーヒーとお願いする。店員さんはテキパキと動いて、すぐに用意してくれた。私の出したポイントカードを機械に読み取って、レシートをくれる。トータルで500円かかったようだ。

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

ほっとして、店内の隅っこにトレイを持って行く。店内を見渡す。自分と同じようなシニアが二人ほどそれぞれ単独で何かを食べている。窓際には二組のカップルが何やら話し合っている。

平和な光景だ。何もなく静かな日々が流れているようだ。エッグマックマフィンは美味しい。でも、自分が予想していたよりも小さい。近頃自分は野菜不足なので、サラダを注文したのはよかった。サラダは結構量がある。でも、マフィンは量が足りない。

マクドナルドの想定している客、平均的な客は、女子高校生ではないか。彼女たちにはこの程度の量が一番いいのでは。でも、シニアとは言え、自分には量は少し足りない。本当は追加でハッシュポテトを注文しておけばよかったかなと考えたりした。

さて、しばらくすると、高校時代の友人から電話がかかってきた。同窓会をおこなうそうだ。毎年一回おこなっているのだが、今年の会合は9月末頃のようだ。懐かしい友人達だが、ほとんどが引退して年金生活者である。その友人は「毎日が日曜日だ」と言っていた。自分も夏休みなので、今は似たようなものだが、こちらは、来週ぐらいから仕事が始まる。

上京して同窓会に出席の予定だが、交通費はあるかな。家内と相談だ。何とか交通費と一泊のホテル代は捻出してもらいたいところだ。