アクアの燃費はかなり良いようだ。
スポンサーリンク


私は昨年末に新車アクアを購入した。それまでは、ランクスという車を13年間乗り回していた。ランクスについては何も不満はなかった。13年たっても特にどこも不都合な箇所はなくて、このまま車検を受けて、さらに2年も運転することは可能だったのだろうと思う。

しかし、このあたりで安全のために、車の乗り換えと思った。中古でも良いのだが、家内は新車だと強く主張した。以前からお世話になっていたセールスマンにアクア購入を相談したのだが、口が上手な人でとにかくすぐに購入することになってしまった。

納入されてからの最初の感想は、車の出発の時のエンジン起動の音がないことでびっくりした。電気での起動だ。これが新しい車の姿なのか。

そのほかには、バックする時は後ろの画面が見られること、前のダッシュボードにはたくさんの情報が提示されていて、外の温度までがわかるようになっていること、などが印象的だっだ。

さらに、大きな違いは燃費が良いことだ。もう一ヶ月以上乗っている。2日に一回の割合で車に乗っている。雨の日は車で通勤するが、それ以外は徒歩やバスを使う。結構使っているのだが、今までに、ガソリンを2回ほど入れただけだ。合計で5,000円ほどだ。かなりガソリン代は少ないなという感想だ。

以前使っていたランクスはこの二倍の頻度でガソリンを入れていたように思う。ランクス自体も省エネ車であったが、それよりも燃費が良いようだ。これは科学技術の進歩の賜物だと思う。

さて、あの懐かしい愛車ランクスはどうなったか、デーラーに引き渡したのだが、解体されたのか。でも、まだ使えるので、どこかの国に売られたと推測する。ロシアか東南アジアで第二の人生(車生?)を歩んでいるのだろうと思う。

アクア