スノータイヤを買おうか迷っている。
スポンサーリンク


スノータイヤを買おうか迷っている。実家が雪国にあるので冬に実家に行くのならばスノータイヤは必要だ。今までは、冬に実家に行くことはなかった。と言うよりも、冬期は雪のことで実家を避けていたのだ。

しかし、実家にも、もう少し頻繁に行くべきかとも思って、いろいろと調べる。自分の車のタイヤのサイズは14インチだ。つまり、小型車だ。親戚の人は大きな車を持っていて、16インチのタイヤの車だ。購入と取り替えでセットで12万円かかったと言っていた。自分がタイヤを購入してタイヤ交換をしてもらっても12万円以下だろうと見当はつく。

ネットで買うといくらぐらいするのか。14インチで検索して調べてみると、ホイール付きで1本が6,850円だ。すると4本で27,400円だ。アマゾンで購入して、自分で取り付けるとかなり安くできそうだ。

スノータイヤの値段

亡父は若い頃はタイヤ交換は自分で行っていた。しかし、年を取ってからは面倒くさくなり、ガソリンスタンドで交換してもらうようになった。タイヤ交換の経験のない自分にはとうてい無理な作業だと思う。

中古のスノータイヤはどうか。アマゾンで中古を検索すると、4本で14,400円で売りに出されている。ネットで購入して自分で取り付ける人もいるのだろうと思う。すごい力量のように自分には思える。

中古のスノータイヤ

こんなことを予備知識として頭の中に入れて、タイヤマンという専門店に行って話を聞いてみる。係の人は親切そうな若い人だった。4本で56,000円だ。プラスとして、アルミホイール26,000円を加算して、合計が税込みで82,000円だ。

自分は10年ほど前に購入したスノータイヤを持っているので、そのアルミホイールを再利用できないか聞いてみると、係の人は「実物を見ないと何とも言えないが、再利用は可能かもしれない」と言う。

今日はその古いタイヤを持って見てもらい、アルミホイールが再利用可能ならば、購入と取り付け、並びに古いスノータイヤの処分をお願いしようかとも思っている。しかし、冬は実家に行かなければいいのだ。そうすれば、余計な出費はいらない。などなど思いは千々に乱れる次第である。