自動車税はクレジットカードで支払える。
スポンサーリンク


私は昨年末にアクアを購入した。アクアはエコカーなので、初年度は自動車税は9,000円である。そのことを昨日の記事に投稿した。

ところで、そこに同封されていた書類を読むと、自動車税はカードで支払えると書いてある。書類のQRカードを読み取り、通知書に書かれた通知書番号と確認番号を記入して、そのほか必要事項を書き入れればカードで納入になるのだ。

自分は楽天カードを使っているので、そうれば、ポイントももらえるしいいかなと思った。しかし、よく読むと問題がある。決済手数料として324円が必要である、と書いてある。

来年の自動車税は2年目であるから、エコカー減税はない。すると、32.400円の自動車税を払うのだ。すると楽天カードは1%還元してくれるが、その分は決済手数料とで相殺されてしまう。ところが、今年は減税をうけて9,000円の自動車税であるから、楽天カードからの還元は90円である。すると、234円の損である。少なくとも今年はカードでの納入は行わない方がよい。

来年からカードで支払うとするとポイント分が決済手数料として相殺されて金銭的にはプラスマイナスゼロだが、銀行やコンビニで支払う手間は省ける。それならば、それもありかなと思う。

ただ、自動車税は支払いを遅らせたいときがある。手持ちのお金がないので数か月ほど遅らせたいときがある。カード決済にすると、そのことができなくなる。カードの支払いが遅れるとブラックリストに載ってしまい、自分の信用に傷が付く。

実は、自分はNHKなどは支払いたくなくて、納付書をもらって時々は支払いを遅らせていたが、カード支払いにしたら、もう支払いを逃れるわけにはいかなくなった。下手にカード支払いにすると支払いを遅らせることができない、という問題が生じる。

それから、陸運局で、納税したかどうかはすべてデジタル化されて記録されるそうだ。車検の時に納税証明書を提出しなくても陸運局で確認できるそうだ。であるから、納税証明書は送られてこなくなるそうだ。段々と時代が変化しつつある兆候を感じる。

アクア