家内の血圧は高いようだが。
スポンサーリンク


昨日は家内の健康診断に同行した。予約を入れていたので、スムーズに9時半頃から健康診断となった。まず、係りの人が家内の身長、体重、腰回りを測る。そのあと、尿を採る。次は血圧の検査だ。都合、2回ほど測定したが、上は158であり、下は92ぐらいであった。

この数値はかなり高いなと自分は感じた。140を超えると高血圧と言われる。でも、ぎりぎりセーフなのか。不思議な事に家内は自宅で測ると、せいぜい 120ぐらいである。家庭で測ると低めに出て、病院で測ると高めに出る(実は私も同じ傾向にある)。後ほど、問診のときに、お医者さんにその事を聞くと、「それは白衣高血圧という現象であり、病院ではストレスがかかるので、数値は高めにでます」と言われた。でも、それにしても数値がかなり異なるなと思った。

自分としては、我が家の血圧の測定器が古いのではないか。あるいは故障しているのではないか。それから測定の仕方に問題があるのではないか(病院ではシャツやセータを着たまま図っているが、自宅では腕は裸にして測定している、その差ではないか)。そんな事も医者に聞いたが、シャツやセーターを着たまま図っても問題ないそうだ。そのようなものなのか。

家内が「寝起きのとき、あるいは床に着いたときに、頭が回る。クラクラする」という症状を医者に話した。すると医者は「ここではその点は調べようがない。耳鼻科に行って耳の三半規管に異常がないか調べるように、あるいは、脳外科に行って、脳の血管が詰まっていないか調べてもらうように」との言葉であった。

医者はそれから心音の測定をしたが、それらは特に異常はないようだった。最後は採血をして、血液の内容の調査をしたのだ。検診は小一時間ほどで終わり、結果は2週間ほどで郵送で知らせてくれるそうだ。何か、精密検査が必要なときは、電話で知らせてくれるという。

家内は、今日は検診だったので、朝食は取っていない。帰る途中に、どこかで朝飯を食べる事にした。私は朝食は取ったのだが、家内と付き合って、また食べる事にした。モスバーガーがあったので、そこで食事をする。客は誰もいない。我々だけだ。

モスバーガーのコーヒーは美味しい。この日は気温は高めだ。天気も快晴だ。外の景色も静かな日だ。ともかく、検診が済んだので、家内はその点ではほっとしている。結果を郵送で教えてもらってから、次の対策を考えよう。