成人式と衣服
スポンサーリンク

2016-01-11

今日は成人の日であった。各地で成人式が行われた。場所によっては、昨日の日曜日に成人式が行われたところがある。

さて、私は家内とショッピングモールに買い物に行った。途中で、とても豪華な着物を着た二人の若い女性が歩いていた。とても目立つ。レンタルだとしてもかなり高価だと思う。

ネットで調べると、振り袖のレンタルで2万から4万円ほど、髪のセットで5000円ほど、写真撮影が1万から2万円ほど、トータルでどれ位だろうか。5~6万円程度か?私の子供は男の子ばかりなので、このあたり推計が当たっているかどうか自信がない。

成人式には、クラス仲間が再会するわけだが、相手が着ている着物を見る。女性ならば、どの着物が値段が高くて豪華であるかはある程度は分かる。それで他人とそんなにひけをとらない着物を着たいと考えるはずだ。

裕福な家庭では、自分で着物を持っている人もいるだろう。その場合、一回着たらクリーニングだろう。一回のクリーニングで値段を見ると1~2万円ほどだ。

とにかく、この時期は町の呉服屋さんの稼ぎ時だ。あとは卒業式の袴である。また結婚式などで振り袖のレンタルも稼ぎ時だ。

自分の子供は男の子ばかりなので、金銭的には、助かったと思う。大学入学時に「洋服の青山」に連れて行き、7,8万ほどで、スーツの上下、カバン、くつ、ネクタイ、ワイシャツなどが一式入手できた。子供たちは、そのスーツでアルバイトの面接や親戚の結婚式にも参加した。スーツなどは、終わった後も、クリーニングには出さない。

女性はとにかく金がかかると思う。家内を見てみると、化粧品にかなりお金をかける。靴箱は家内の靴ばかりだし、衣服棚も家内の服ばかりだ。私の服はほとんどない。私は毎回同じような服を着ているが、特に着飾りたいという欲もない。理由はこんな老人がおしゃれして何の意味があろうかと思うことと、服選びなどは面倒くさいという気持ちがある。

朝どの服を着ていこうか服選びが楽しくないと、たくさんの服を持とうという気にならない。

さて、亡父の服も実家に結構残っている。地味な服が多かったが、もう、この60歳という私の年齢ならば着てもおかしくないなと思っている。

084_02