スターウォーズの映画を見てきた。
スポンサーリンク


子供がスターウオーズの新作を見たい。奢ってくれるというので、家内と3名で東宝シネマのナイトショーを見てきた。シリーズの第9作目だそうだ。スカイウオーカーズの夜明け、という副題がついている。

感想だが、とにかく始まるまでの広告が多すぎる。30分近くも他の映画の予告を続けられると嫌になる。ホップコーンを摘みながら、ひたすら映画の始まるのをじーつと待っていた。

映画だが、それなりに迫力があって面白かった。子供はこのシリーズは全部見ているので、全体的な流れがわかって面白いと言っていた。しかし、私は最近のシリーズは知らないので全体的な流れは分からない。その点は残念だったかもしれない。

昔をふと思い出す。自分がこのシリーズを始めてみたのは、1977年である。40年以上も昔である。初めてみた時は、その雄大なスケール、宇宙船の大きさなどに圧倒された。ストーリーもそれなりに、面白かった。小さな宇宙船で、追っ手からの追跡を逃れる場面などは手に汗を握る出来栄えであった。その時ほどの感激は今回の映画では味わえなかった。

あれから、40年、どの映画もスケールが大きくなり、サウンドも絶妙になり、観衆にアピールする力は増してきた。でも、映像技術も極限まで来たかなという気がする。私自身も老いてきたので、アクション映画ではなくて、じっくりと人生を考えさせるような映画を見たいと思っている。

ところで、Netflix に入ろうか迷っている。現在は、ひかりTVで毎月5000円ほどを払っている。これを解約して、見たい映画だけを見るのがいいかなとも思っている。現在、普通の番組はほとんど見ない。ニューズも見ない。ネットでその時々の最新ニュースを知るだけだ。どうしようか、迷っている次第だ。

Star Wars